インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

納得して治療に臨んでいただくために、お口の中の状態を患者さまにも理解していただきます。

歯の治療で「今自分が何をされているのか分からない」と感じた経験のある方も少なくないと思います。治療の内容が分からないままですと、病気になった原因も理解できず、再発につながりかねないばかりか、不満の残る治療になってしまいます。

そうならないよう、当院では、レントゲン画像やお口の中の写真を用いて、患者さまにご自身の状態を細かく説明しています。行う処置についてもしっかりお伝えし、患者さまが納得して治療に臨める状況を大切にしています。

診療でこだわっていることはありますか?

丁寧な診療を提供することです。歯科治療で不安を感じる要因の一つに、自分が何をされているのかが分からないということがあると思います。そのため、今お口がどのような状態なのかを細かく説明し、患者さまご自身にも把握していただきながら、治療を進めていきます。
また、説明の際は、レントゲン画像だけでなく、口内を撮影した写真も使用します。そうすることで、よりお口の状態を詳しく把握していただくことができ、さらに、お口に対する関心も高まると考えています。もちろん、専門用語はなるべく使わず、分かりやすい説明を心がけています。

衛生管理の取り組みを教えてください。

治療で使用する器具はすべて、洗浄・滅菌をしています。歯を削るために使用するタービンも患者さまごとに取り替えており、治療で使う器具をセットにして、パッキングした状態で保管しています。また、いつも清潔な器具で治療を行えるように数も取り揃えました。
さらに、気持ちよく治療を受けていただけるように、治療後の診療台をアルコールで拭いて、直前の治療の汚れを残さないようにしています。患者さまが少しでも不安を感じずに治療を受けていただけるよう、衛生管理にも気を配っています。

自慢の設備について教えてください。

レーザーと歯科用CTです。レーザーは、外科処置を行う際に使用します。歯茎を焼きながら切開することができるので、出血量はもちろん、治療時の痛みを抑えることも期待できます。症例によっては、麻酔なしで治療を行うことが可能です。
歯科用CTは、お口の中全体を立体的に確認することができるため、レントゲン画像のような2次元上では確認できなかった病巣まで把握することができます。特に、神経や血管の位置の把握が大切なインプラント治療において、欠かせない機器です。

できるだけ痛くないように治療してほしいのですが、痛みに対しての取り組みはなにかありますか?

表面麻酔と電動注射器を使用して、治療時の痛みだけでなく、麻酔を行う際の痛みもできるだけ抑えるよう心がけています。
表面麻酔は、歯茎に塗り、その箇所をしびれさせることによって、注射針を刺す時の痛みを軽減させるものです。塗った後は患者さまの状態や反応を伺い、タイミングを見計らって電動注射器で麻酔液をゆっくりと注入していきます。電動注射器は一定の圧力で注入ができるので、歯茎に刺激を与えにくいという特徴があります。
また、症例によってはレーザー治療を行ったりするなど、できる限り患者さまに痛みを与えない治療を心がけています。

子供の治療で気をつけていることはありますか?

「怖がらせないこと」です。無理に治療を進めてしまうと、それがトラウマになって歯科医院嫌いの大人に育ちかねません。それではお口の健康を維持することも難しくなるため、恐怖心を植え付けない治療を心がけています。
お子さまには、治療器具を一つひとつお見せして、これからどんな治療を行うのか理解していただけるように工夫しています。また、無理をさせないよう少しずつ治療を行い、お子さまのペースに合わせることも重視しています。

子供の矯正治療は何歳頃を目処に考えるべきなのでしょうか?

あまり早く治療を始めてしまいますと、お子さまが装置を嫌がってしまい、しっかりと歯並びを整えられないことがあります。そこで当院では、乳歯から永久歯に生え替わる前のケアも考慮して、6歳頃を目処に矯正治療のご案内をしています。
お子さまの歯並びが気になる親御さまは、まずご相談にお越しください。矯正治療を担当する歯科医師がお口の中の状態を確認し、治療の説明を行います。

妊婦の方でも歯科医療はうけることは可能なのでしょうか?また、治療が可能な場合その範囲も教えていただければと思います。

妊娠されている方の治療も行っています。妊娠中はホルモンバランスの変化でお口の中の状態が悪化しやすくなっていますので、定期的にケアをすることが大切になります。
外科処置を必要とする治療の場合は、安定期に入ってから受けていただくことをおすすめしています。妊娠して間もない時に受けたり、出産してすぐ治療を受けることにはリスクが伴うからです。治療内容によっては処置が難しいものがありますので、状況に応じて、産婦人科の医師と連携を取って治療計画を立てていきます。

歯のクリーニングとホワイトニングはどう違うのですか?

クリーニングは、歯の表面に付着した汚れや着色を落とし、歯が持つ本来の白さを取り戻すものです。一方、ホワイトニングは専用の薬剤を使用して歯の漂白を行い、歯により白さや透明感を与える治療です。
お口の中を清潔に保つためのクリーニングで白さを実感される方もいらっしゃいますが、さらなる白さを求める方には、ホワイトニングをおすすめしています。