電話番号06-4800-6480 むしばゼロゼロ むしばゼロ

〒530-0033 大阪市北区池田町6-10
ファインファーストビル5F

診療時間
9:00~13:00/15:00~20:00

(土曜は14:00~18:00)

休診日
水曜午後・日曜・祝日

大阪市北区(天満、扇町)と都島区にまたがる歯科(歯医者)、土岐デンタルクリニック。予防歯科(PMTC)、審美歯科、ホワイトニングなど

矯正歯科

24時間オンライン予約
モバイルサイト

携帯電話で左のQRコードを読み込みアクセスして下さい。

ティースマイル矯正歯科

子供からはじめる矯正治療

乳歯がまだ残っている子供さんの矯正治療は通常2段階に分けて行います。

1段階目の治療(乳歯がまだ残っている成長中の時期の治療)

1段階目の矯正治療の目的としては

  • 永久歯が生えるすき間の確保
  • 骨格的な不正の改善(出っ歯や受け口の傾向の改善)
  • 歯並びに影響する悪い癖(指しゃぶりや舌の癖など)の除去

などです。

1段階目の矯正治療は患者さんによって様々な装置を使用します。

例えば、歯の並ぶすき間を広げる装置

上あごや下あごの成長を伸ばしたり、抑えたりする装置

などです。
1段階目から矯正治療を始めるメリットは、2段階目の矯正治療をより無理なく楽に行うことができるようになることです。
また1段階目の治療の多くは成長期にしか行うことができない治療ですので、矯正治療をお考えの方は早めのご相談をお勧めします。

2段階目の治療(永久歯が生えそろってからの治療)

2段階目の治療では、すべての歯に装置をつけて、歯の位置をこまかく改善していきます。

初診時

治療中

  •  

終了時

矯正治療を始める適正な時期は患者さんによって異なります。
乳歯列期から始めるのが良い方もいれば、永久歯列期まで待つ方が良い方もいらっしゃいます。
当院では矯正相談を無料で行っておりますので、少しでも気になることがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

成人の矯正治療

矯正治療は子供たちだけのものではありません。大人から始めることももちろん可能です。
矯正治療に年齢制限はありません。最近では50代、60代の方が矯正治療を行うことも珍しくありません。

初診時

治療中

終了時

リンガル矯正(歯の裏側に装置を付ける矯正)

矯正装置が見えることに抵抗感がある方には、歯の裏側に矯正装置をつけて行うリンガル矯正も当院では行っています。
開咬(口を閉じても上下の前歯にすき間ができている状態)になっています。
見た目もそうですが、もっと深刻なのはカチカチ噛んでもギリギリ歯軋りのような運動をしても奥歯が常に当たるので将来歯が長持ちしない可能性が高いことから、矯正治療を行うことになりました。

まずお口の型を採って、石膏模型にします。

模型を使って矯正治療終了後の歯並びを再現。

その再現した模型に矯正装置を装着。

この模型を参考に精密に所定の位置に装置を装着。

症例によっては、リンガル矯正を行うことが出来ない場合があります。

インプラント矯正

症例によっては、通常の矯正治療で対応出来なかったり、治療期間が長くなる場合には、矯正用インプラントを使っての矯正治療も行っています。
歯を動かすためには固定源が必要になりますが、特に歯を動かすために大きな力が必要になるときにはインプラントを使った矯正が大きな力を発揮します。
矯正用インプラントを使用することにより、いろいろな難症例にも対応できるようになり、治療期間も短縮できることが可能になります。

(上顎の臼歯部に矯正用インプラントを埋入)

  • インプラントと聞くと不安があると思いますが、虫歯の治療時の麻酔の量よりもずっと少ない麻酔量で、しかも術中・術後ともお痛みはほとんどありません。処置時間も数分で終了します。

    相談は無料となっておりますので、まずはご相談下さい。

矯正治療例

CASE1 26歳女性:左上の前歯が少し前に出ていて、斜めになっているのが気になる。

初診時
矯正治療開始


ブラケット(矯正装置)を装着

約2ヶ月後

矯正治療開始2ヶ月後には右の歯と同じぐらいになってきました。

この患者さんは、上の歯だけの治療を考えていたのですが、下の前歯のガタガタも気になりはじめたので、下の歯も矯正治療を行うことになりました。

ページの先頭へ戻る