電話番号06-4800-6480 むしばゼロゼロ むしばゼロ

〒530-0033 大阪市北区池田町6-10
ファインファーストビル5F

診療時間
9:00~13:00/15:00~20:00

(土曜は14:00~18:00)

休診日
水曜午後・日曜・祝日

大阪市北区(天満、扇町)と都島区にまたがる歯科(歯医者)、土岐デンタルクリニック。予防歯科(PMTC)、審美歯科、ホワイトニングなど

我が家の子供たちのお口の成長日記

24時間オンライン予約
モバイルサイト

携帯電話で左のQRコードを読み込みアクセスして下さい。

ティースマイル矯正歯科

自分の子供のお口の中の状態

自分の子供(息子・娘)のお口の中の状態をみなさんに見ていただこうと思います。自分が歯医者なので、プライドにかけて自分の子供には虫歯にさせることは出来ませんので、毎日一生懸命がんばっています。

6歳半 当時(息子)

小帯(矢印)がAとAの間付近に付着しているので、その影響ですき間があります。永久歯が出てくるときに邪魔になるようだったら、小帯を切除する必要があります。切除する時期は永久歯が出てきた時ぐらいが目安です。

左右とも一番奥Eと二番目の歯Dの間に食べかすが、よくつまります。フロスを通すと時々右上の歯と歯の間から、出血があります。

下の歯は上の歯に比べて、きつきつに並んでいます。食べかすがなかなかつまらないのですが、一旦つまると取れないので、仕上げ磨きの時にしっかりとフロスを通しています。

もう6歳半なのですが、まだ6歳臼歯も出てきていませんし、前歯も全然揺れていませんので永久歯への生え変わりはかなり遅い方です。一般の方なら心配されるかもしれませんが、どっちみち生えてくるのであれば、遅いほうが永久歯が虫歯にならないので良いでしょう。また後日、レントゲンをお見せしますが、永久歯が4本先天的に欠損している可能性があるのが判明しました。かなりショックです。

2歳半 当時(娘)

上の前歯が下の前歯を隠していますので、結構、かみ合わせが深い感じです。まだ上のEが出てきていないので、出てきて下のEとかみ合ったら、若干改善されるかもしれません。

上の歯です。右4本、左4本で計8本が出てきています。年齢的に出てきてもおかしくないのですが、一番奥の歯Eがまだ出てきていません。おそらく1年以内には出てくるでしょう。

下の歯です。右5本、左5本で計10本が出てきています。全体的に歯と歯の間にすき間がほとんどないので、虫歯になるリスクが高そうです。

お兄ちゃんの方は、3歳過ぎまでは歯磨きを嫌がっていましたが、娘の方はお兄ちゃんがちゃんと歯磨きをしているのを見ていたので全く嫌がりませんので、非常に助かっています。

半年後 当時7歳(息子)

半年が経ち、7歳になりましたが、特に目立った変化はありません。相変わらず右上のDとEの間は、フロスを通すと出血するときがあります。やはり上の前歯の小帯が大きいので少しすきっ歯気味です。
6歳臼歯はまだまだ出てきそうにありません。もしかしたら8歳臼歯になってしまうかもしれません。
今回、レントゲンを撮影したら、なんとEの下に永久歯の5番の歯胚が認められました。その日は、家族で乾杯しました。

半年後 当時3歳(娘)

やっと上のEが出てきました。ほとんど下のEと上の歯茎にすき間が無かったのですが、ちゃんと出てきました。
下の前歯はスペースが無くて、少しゆがんでいますが永久歯が生える頃には真っ直ぐになるでしょう。
上の子と同じものを食べているので虫歯になるリスクはお兄ちゃんより高そうですが今のところは大丈夫です。ただ元々右上のCとDに白濁が認められるのと左上のAが少し色が全体的に黒くもしかしたら、以前に前歯を強く打った可能性があり、その2点を心配しています。
半年前は怖がっていたのでレントゲン撮影が出来ませんでしたが、今回はちゃんとできました。まだ5番の歯胚ははっきりと認められませんが、先欠っぽくなさそうな雰囲気なのであまり心配していません。

7歳半(息子)

7歳半にしてやっと下の前歯が永久歯になりました。
次に出てくる永久歯は、下の6歳臼歯のようです。上はおそらく“8歳臼歯”になりそうです。

4歳半(娘)

Eが完全に出てきたのでかみ合わせもしっかりしてきました。
全体的に歯と歯の間が狭いのでカリエスリスクは高そうです。
また、普段診療していて思うことは、兄弟のいるお子様ではだいたい下の子ほど虫歯が多い傾向にあります。
特に年の離れた兄弟の場合はその傾向が強いように思います。おそらく食べるものが上の子と同じになったり、お口のケアを手抜きをしてしまうのが原因だと個人的に思っています。

8歳半(息子)

前回から1年が経ちました。6歳臼歯もほとんど完全に出てきて、上顎の1と左下2が出てきました。相変わらず上顎の前歯がすきっ歯ですが2番出てくるときに押してくれるのではないかと思います。また仕上げ磨きのときにいつも気になるのは、6歳臼歯とその前の乳歯の歯と歯の間に食べかすがよくつまっています。特に上顎です。フロスを通すと時々出血があります。

5歳半(娘)

5歳半になりました。カリエスもなく順調です。
ただ就寝中に歯軋りをするので、特に左下Cと右上Cの歯の擦り減りが大きく象牙質が露出してきました。
歯軋りをさせると左上Cと左下Cはパズルのようにぴったりと合います(青丸部分)。
左下Cは象牙質(黄色の部分)が露出しているのが分かります(赤丸部分)。
象牙質はエナメル質に比べ、虫歯になりやすいので今後注意が必要です。

9歳半(息子)

9歳半になりました。
やっと上顎の2番が出てきました。それに押されて1番同士のすき間が少しつまってきましたが、
上顎の小帯が邪魔をしている可能性もありますので経過観察中です。
もしかしたら切除するかもしれません。
若干、下顎前歯の歯並びが気になるところですが、ここも経過観察ですね。

6歳半(娘)


6歳半になりました。
カリエスは全くありませんが、6歳臼歯が出てきたので、すぐにシーラント処置をしました。
生え変わりに関しては、平均通り進んでいます。
もうすぐ上の前歯が生え変わりそうですね。

10歳半(息子)


10歳半になりました。
カリエスは全くありません。現在一番注意しているのは6歳臼歯。
普段の歯磨きも6歳臼歯からしています。また、カリエスリスクを下げるためにシーラントもしっかりしています。
左上の2番が少し前に出っ張っているのが気になりますが、経過観察していくつもりです。
またずっと経過観察していた上の前歯の隙間は、つまってきました。

7歳半(娘)


下顎の側切歯が萌出、上顎のBが抜け、側切歯がもうすぐ萌出してきそうです。出てきたら、4歳年上の息子に追いつきます。娘が早いというよりも、息子のほうが生え変わりがかなり遅いのが原因です。この時期に一番注意が必要なのは、上下左右の6番(6歳臼歯)です。ブラッシングは当然ですが、しっかりとシーラントをして予防をしています。

11歳半(息子)


11歳半になりました。
相変わらず虫歯は全く認められません。
この時期に一番注意が必要なのは、6歳臼歯です。
シーラントをしてしっかりと予防しています。
口腔内写真では、1年前とほとんど変わりませんが、上下左右の4番がちょっと萌出してきましたので、半年以内に生え変わりそうです。

8歳半(娘)

娘も全く虫歯はありません。自分の臨床での経験では、下の子の方が、虫歯になる傾向にあるので特に気をつかっています。だから、乳臼歯と6歳臼歯にはシーラントをしています。息子と違って、平均的なスピードで生え変わっています。若干上顎の前歯同士が開いていますが、奥の歯が萌出してくると自然と閉じてくるでしょう。

12歳半(息子)

息子も中学生になりました。歯医者の意地で絶対に子供には虫歯を作らせません!!だから、今でも仕上げ磨きをしています。
平均よりかなり遅めですが、やっと小臼歯が萌出してきました。いまだに左上の6歳臼歯と乳臼歯の間は食べ物がよく挟まるので、いつも注意しています。
久しぶりにレントゲンを撮影してみたら、上下左右に親知らずの歯胚が認められました。(○印)

10歳(娘)


娘も10歳になりました。
当然ですが、カリエスフリーです。
娘は少し出っ歯気味なのが気になります。
お兄ちゃん同様、親知らずが4本あることが判明しました。(レントゲンの○印)
現在、最も気を付けているのは6歳臼歯が虫歯にならないことです。
 

14歳(息子)


早いもので息子も14歳になりました。
乳歯は全て永久歯にかわりました。
歯科医の子供として当たり前ですが、乳歯は結局1本もカリエスになりませんでした。
現在気にしているのが(本人は全くですが・・・)矢印の犬歯が歯列がはみ出ており藤田先生に矯正してもらう時期を考えています。
また、親知らずが4本あることが判明(レントゲンの○印)。
6歳臼歯(第一大臼歯)と12歳臼歯(第二大臼歯)をしっかりとケアすることが、今一番大事だと思っています。

ページの先頭へ戻る