電話番号06-4800-6480 むしばゼロゼロ むしばゼロ

〒530-0033 大阪市北区池田町6-10
ファインファーストビル5F

診療時間
9:00~13:00/15:00~20:00

(土曜は14:00~18:00)

休診日
水曜午後・日曜・祝日

大阪市北区(天満、扇町)と都島区にまたがる歯科(歯医者)、土岐デンタルクリニック。予防歯科(PMTC)、審美歯科、ホワイトニングなど

歯周病治療

24時間オンライン予約
モバイルサイト

携帯電話で左のQRコードを読み込みアクセスして下さい。

ティースマイル矯正歯科

歯周病とは

歯周病ってどんな病気だと思いますか?
簡単に言うと・・・あごの骨がとける病気なのです。

  • みなさんはいつも歯が歯茎から出ているのを見ているので、歯茎の中に埋まっていると思われているみたいなのですが・・・

  • 歯茎を取ると、こんな風にあごの骨の中に歯は埋まっています。だから歯はしっかりとしているんです。

歯周病の進行

つまりこのあごの骨がとけてしまえば歯は支えを失って最終的にグラグラになって抜け落ちてしまいます。

では実際にレントゲン写真で見ていきましょう。


歯周病にかかっておらず、全く健康な方
:あごの骨のライン)


少しあごの骨がとけているのが分かると思います。


かなりあごの骨がとけています。


例えば、一見、歯茎がやせていなくてしっかりしているように見えますが・・・
(白の矢印が歯茎の位置)

歯茎をめくってみると・・・

骨(黒の矢印)はここまでとけています。特に一番奥の歯の骨がすごくとけているのが分かります。
(白の矢印が歯茎の位置)

こんな写真をみると怖いですよね。健康なあごの骨がこのように一瞬にしてとけてしまうことはないので安心して下さい。ただし、歯周病は何年にも渡ってこれといった自覚症状がないまま進行していきますので、ある意味怖いですよね。

ではどうしたら、歯周病を防げるのでしょうか?

  • 歯の周りについている汚れや歯石の除去
  • 歯茎の下に潜んでいる歯石の除去
  • かみ合わせのコントロール
  • 定期健診

(1)と(4)については、みなさんもよく耳にされていると思いますのでここでは省きます。

歯茎の下に潜んでいる歯石の除去とかみ合わせのコントロール

鏡で自分の歯の裏側を見てみましょう


  • 前から見ると目立った着色もなく一見、問題がなさそうですが・・・


  • 裏側を見てみると・・・歯と歯ぐきの境目と歯と歯の間に多量の歯石が付着しているのが、分かります。また着色も目立っています。

定期的に歯石は除去しましょう


  • 歯石除去前

  • 石除去後

歯石が付着していても虫歯みたいに痛くなったりするなどの自覚症状がなく、日常生活に支障がないため、ついついそのまま放置しがちです。定期的に歯石取りをしていかないと、歯ぐきの炎症が慢性化して歯ぐきの下の隠れた部分に歯石がたまり、知らないうちにあごの骨がとかされていきます。気が付いたら、歯が揺れてきたり、歯ぐきがすごく腫れて痛くなり、最終的に歯を抜かないといけなくなるので、定期的な歯石除去が非常に大切になってきます。

定期的な歯石除去を怠ると・・・

  • この症例は、歯周病の進行により抜歯をした歯です。普通このように歯の根は歯茎の中に隠れています。

  • 歯ぐきに隠れていたところに、多量の歯石が付着しているのが分かります。

こうして歯周病は、進行していきます。

  • はぎしりをされる方
  • 食いしばりをされる方
  • 特定の歯に負担のかかるかみ合わせをしている方
上記にあてはまる方も歯周病の進行をより早めたり、歯周病になるきっかけをつくることが多いので、適切な処置が必要です。

チェックして見て下さい

  • 歯茎から出血することがある
  • 最近、歯と歯の間に食べかすがよくつまるようになった
  • 歯が長くなったような感じがする
  • 冷たいものがしみたり、しみなかったりを繰り返している
  • 以前と比べ、歯並びが変わったような気がする
  • 口臭が気になる
これらの事項にあてはまれば、歯周病が進行している可能性がありますので、是非早めに検診を受けて下さい。

歯肉の腫れ

初診時
全体的に歯石やプラークが付着しており、歯肉の腫れが著明。

2週間後
プラーク除去と歯石の除去を行い、またブラッシング指導を行う。歯肉の腫れは、以前に比べおさまってきたが、腫れが少しのこっており、また歯肉が赤いところが目立つ。

初診から1ヶ月後
歯肉に隠れている歯石を徹底的に除去したら歯肉の腫れは完全になくなり、色も綺麗なピンク色になった。

歯周外科

歯石除去をしても、歯周病が改善されない場合は、このように歯肉をめくって徹底的に歯に付着した汚れを除去する手術を行う場合もあります。また、弱い歯茎を丈夫な歯茎にしてあげる手術や吸収してしまった顎の骨を再生してあげる手術も行っています。

ページの先頭へ戻る